AI(人工知能)情報マガジン・注目キーワード[AI全般]の記事一覧

AI(人工知能)情報マガジン ×AI(カケルAI)の注目キーワード[AI全般]の記事一覧ページ

menu

×AI

TAGAI全般

保育1

AIの積極活用で見据える保育園の未来図とは

【ウチのAIココがウリ】Vol.8 「保育園とAI」というとあまりピンとくる組み合わせではないかもしれない。ユニファが企画・運営する「ルクミーフォト」は、保育士が撮影した園児の写真を保護者へ届けるフォトサービス。このサービスの進化型に、A…

AI領域をマルチにカバーする中国系総合ITソリューション企業の強み

<ウチのAIここがウリ>Vol.7 方正は、新聞や出版などメディア産業向けの総合ITソリューションプロバイダーだ。クラウドサービスや受託システム開発、ソフトウェア・プロダクト販売など様々な事業を手掛け、昨今は、中国のグループ会社との連…

AIが変えるオフィスの未来

職場でのAI活用といえば、業務効率化や新サービスへの実装をイメージするだろう。だが、全く違う観点からAIによるオフィス変革を実現することも可能だ。オフィスを作業空間という側面で捉え、徹底してその快適性を追求。結果として、そこで働く人のポテン…

連載:逆説的AI論

Vol.3

三宅陽一郎(ゲームAI開発者)×境目研究家・安田佳生

安田氏-三宅氏

AI時代に生き残れる人材とは

境目研究家の安田佳生氏とゲームAI開発者・三宅陽一郎氏の対談は3回目に突入。AIの可能性に期待を膨らませる一方で、AI時代に生き残れる人材に話は発展していく――。 協働する宿命にあるヒトとAI 安田 人間よりも人工知能の方が、はるかにメ…

連載:Q&AI

Vol.6

AIベンチャー社長がズバリ指南。失敗しないAI活用の勘どころ

AIを導入するには多くのデータが必要だと聞きました。本当のところはどうなのでしょうか?

AIを導入するには多くのデータが必要だと聞きました。本当のところはどうなのでしょうか?

AIベンチャー社長の中村氏が、AIビジネスを検討するビジネスパーソンの疑問や質問に回答するQ&A企画。今回は、AI導入を検討している企業の担当者から寄せられた声にズバリ回答いたします。 Q:データ量があまりないとAIを導入できないのか…

連載:AI脳の創り方

Vol.9

ビジネスパーソンのための戦略的AI活用のキモ

人工知能イメージ

AI導入が難しい、見落としがちな重要ポイントとは

AIは万能というイメージが強いのは、昨今の囲碁や将棋での実績、医療分野での目覚ましい進展などが目立つからかもしれません。確かに、AIにはそれだけのポテンシャルがあるのは事実です。しかし、課題を設定するのはあくまでも人間。AIは課題設定ができ…

連載:逆説的AI論

Vol.1

三宅陽一郎(ゲームAI開発者)×境目研究家・安田佳生

AIは人間を超えられるのか

境目研究家の安田佳生氏が、逆説的にAIの可能性を探る対談企画。今回の相手はAIの専門家・三宅陽一郎氏。AIの知見は「素人以下」という安田氏は、多様な観点から人工知能の可能性を追求し続ける三宅氏にどう迫るのか…。1回目のテーマは、ズバリ「そも…

連載:逆説的AI論

Vol.4

大久保圭太(税理士)×境目研究家・安田佳生

大久保氏

気鋭の税理士が目指す新しいビジネススタイル

財務に強い税理士の大久保圭太氏と境目研究家の安田氏の対談最終回は、AI時代に負けない税理士集団を生む、独自の運営ノウハウを公開。士業の概念に縛られない税理士が目指す、新しいビジネススタイルの一端に境目研究家が切り込む。 『100人のパート…

連載:逆説的AI論

Vol.3

大久保圭太(税理士)×境目研究家・安田佳生

大久保氏と安田氏

AI時代に知っておくべき、お金の処方箋

財務に強い税理士の大久保圭太氏と境目研究家の安田氏の対談3回目は、稼げる税理士によるお金の増やし方へテーマが展開。すごい蓄財術がクールに明かされる中で、AI時代のお金の借り方など、今回も濃密な内容となった。 その3 『ヒトの金で商売をする…

連載:逆説的AI論

Vol.2

大久保圭太(税理士)×境目研究家・安田佳生

大久保氏

AI時代に稼げる税理士はなにをしているのか

財務に強い税理士の大久保圭太氏と境目研究家の安田氏の対談2回目は、稼げる税理士はなにをしているかについて肉迫。そこから見えてきたのは職業的な“体質”が、思考停止を醸成しているという事実だ。そこからは、AI時代に埋もれない職業観もあふれ出てき…

さらに記事を表示する