AI(人工知能)情報マガジン・注目キーワード[AI全般]の記事一覧

AI(人工知能)情報マガジン ×AI(カケルAI)の注目キーワード[AI全般]の記事一覧ページ

menu

×AI

TAGAI全般

大久保氏と安田氏

AI時代に生き残る税理士の考え方とは

<連載:逆説的AI論> 大久保圭太(税理士)×境目研究家・安田佳生 Vol.1 AIに仕事を奪われる職業の筆頭に挙がる士業。今回、境目研究家の安田氏が迫ったのは、財務に強い税理士の大久保圭太氏。AI脅威論などどこ吹く風で、独自ポジシ…

AI時代の到来で追いやられた人気女性歌手がしたこととは

AIといえば歌手。少なくとも5年前の検索エンジン上の結果はそうだった。そしていま。AIで検索すると「人工知能(AI)とは、人間の知的ふるまいの一部をソフトウェアを用いて人工的に再現したものです。」というSASのAI解説ページが一番上にくる。…

ヒモトレをする安田氏

【編集後記拡大版】 AIは人間になれず、人間はAIにあらず…

対談後の“実践編”では理解不能な出来事が連発 身体の動きを研究する甲野氏と境目研究家・安田氏の対談。この対談企画は毎回、シナリオなしの一発勝負だが今回、私は時に理解不能で複雑な動きや反応をする人間を甲野氏がどう解釈し、AIに取り込む場合、…

AIプロジェクト頓挫

つまずきやすく対策が限定的なAIプロジェクトとの向き合い方

<連載:AI脳の創り方>Vol.7 やってみなければ分からないAIプロジェクト。やっかいなのは、そうなったときに取れる対策が、実はそれほど多くないことです。データ量を増やすか、データの品質を上げるか、あるいは全く新しくデータを集めるか…

甲野氏

複雑すぎる人間の構造にAIはどこまで近づけるのか

<連載:逆説的AI論> 甲野善紀(武術研究者)×境目研究家・安田佳生 Vol.4 脳の支配を飛び越え行動のスイッチを入れる本能。生誕時から組み込まれた生物としての防御機能といっていいかもしれない。あるきっかけで、身に覚えのないほどに…

甲野氏

AIが脅威になるほど人が人であることを考えるきっかけになる

<連載:逆説的AI論> 甲野善紀(武術研究者)×境目研究家・安田佳生 Vol.3 境目研究家・安田氏×武術研究者・甲野氏の対談は3回目となり、テーマはいよいよAIにおよぶ。AIにより人間の仕事が奪われるという論調もある中で、甲野…

AI実装

AI導入プロジェクトはどこでどう躓くのか

【連載:AI脳の創り方】Vol.6 一般的に新規にAIを導入するためには最低でも半年程度の期間と数千万程度の費用がかかると言われています。当然ながら、なかなかそんな予算や時間はとれないのでトライアルのような形でのスモールスタートから始…

真剣を抜く甲野氏

実践できるのに信じきれない人間の不可思議

<連載:逆説的AI論> 甲野善紀(武術研究者)×境目研究家・安田佳生 Vol.1 AIは人間を凌駕する――。囲碁や将棋などでそうした側面がクローズアップされるたびにその印象は強まるが、AIは本当に人間を超越できるのか。この疑問を解く…

ビッグサイト青海展示棟

いよいよAIリテラシー必須の時代へ

AIリテラシー必須の時代へ。ディープラーニング・画像・音声認識などの最先端が集う人工知能の専門展「第3回AI・人工知能EXPO」(2019年4月3日〜5日)が都内で開催された。 日本最大のAI展示会に見られた変化 急速に浸透するAIの日…

AI意識調査

中小企業はなぜAI導入に及び腰なのか…

中小企業の約6割がAIに対する知識がない。(株)リアルインサイトが「日本の中小企業のAI導入状況」についてアンケート調査を実施。その結果、59%がAIの知識がないと回答した。対象は全国の中小企業506社。 中小企業のAIにかけられるコスト…

さらに記事を表示する