AI(人工知能)情報マガジン・注目キーワード[自然言語処理]の記事一覧

AI(人工知能)情報マガジン ×AI(カケルAI)の注目キーワード[自然言語処理]の記事一覧ページ

menu

×AI

TAG自然言語処理

AIによる教育アップデートで見据えるグローバル人材育成のシナリオ

英語学習の究極形を目指すレアジョブのR&Dプロジェクト、レアジョブEdTech Lab(以下EdTech Lab)」。それは、テクノロジーの力を活用し、英語学習の阻害要因を可能な限り排除する取り組みとなる。学習をエンタメの域にまで昇…

連載:逆説的AI論

Vol.3

三宅陽一郎(ゲームAI開発者)×境目研究家・安田佳生

安田氏-三宅氏

AI時代に生き残れる人材とは

境目研究家の安田佳生氏とゲームAI開発者・三宅陽一郎氏の対談は3回目に突入。AIの可能性に期待を膨らませる一方で、AI時代に生き残れる人材に話は発展していく――。 協働する宿命にあるヒトとAI 安田 人間よりも人工知能の方が、はるかにメ…

aibrainst

創造領域にAIを活用すると発想は飛躍するのか

AIがパターン化された業務やビッグデータの解析に長けていることはもはやいうまでもないだろう。逆にいえば、創造的な領域においては、AIが人間に劣る部分もあるということだ。とはいえ、AIによって人間の脳みそを刺激し、その創造領域を“増幅”すると…

向氏

AIで英語教育のアップデートを目指すレアジョブEdTech Labとは

人とテクノロジーそれぞれのよさを最大限に引き出し、教育の価値最大化を目指す――。2019年1月にオンライン英会話のレアジョブに発足したレアジョブEdTech Lab(以下EdTech Lab)」。テクノロジーによる英語教育の変革を目指して設…

コールセンターに見るAI×人間の協業の理想のカタチ

人間が得意なことはAIが苦手で人間が苦手なことはAIが得意といわれている。ざっくりいえば、人間がパターン化されていない事象への対応がうまいのに対し、AIはきっちりデータが揃い、パターンが確立された事象への対応が得意ということだ。 得意×不…

連載:AI脳の創り方

Vol.8

ビジネスパーソンのための戦略的AI活用のキモ

なぜAIは100%正しい答えを返せないのか

計算機(コンピューター)というものは計算を間違えたりしないものです。複雑な計算であっても人間のようにミスすることなく何千万回でも計算を繰り返し100%正しい答えを返してくれます。ところがこれがAIになると一転「100%正解することはありませ…

AI時代の到来で追いやられた人気女性歌手がしたこととは

AIといえば歌手。少なくとも5年前の検索エンジン上の結果はそうだった。そしていま。AIで検索すると「人工知能(AI)とは、人間の知的ふるまいの一部をソフトウェアを用いて人工的に再現したものです。」というSASのAI解説ページが一番上にくる。…

AIとの連携で伝達に革新をもたらすスマホIP無線の実力

<ウチのAIココがウリ>Vol.1 人間の仕事を奪うというセンセーショナルな存在として一躍注目を集めたAI。その進化は加速度を増しているが、ビジネスの現場に広く浸透するには至っていない。AIの得意/不得意分野の認識が不十分なことに加え、A…

MatrixFlow

非エンジニアも手軽に使えるAI構築プラットフォームの実力

AI導入のボトルネックは人材不足だ。有望人材は主要なAI開発企業へ流れ、潜在人材もAIを事業ドメインとする大小企業へ漂着していく…。そうなると全くAIに接点のない企業はとりあえず、外部委託を検討するだろう。だが、まさに手探り状態でしかも決し…

連載:AI脳の創り方

Vol.4

ビジネスパーソンのための戦略的AI活用のキモ

AIチャットボット

AIチャットボットは企業の窓口としてどこまで使えるのか

スマートフォンの普及などもあり、若い人達を中心にチャットを利用することの抵抗感が少なくなってきています。抵抗感が少ないどころか電話よりもチャットのほうが気楽だと、電話の方が敬遠されることがあるほどです。そのため、今では多くの企業のホームペー…

さらに記事を表示する