AI(人工知能)情報マガジン・注目キーワード[自然言語処理]の記事一覧

AI(人工知能)情報マガジン ×AI(カケルAI)の注目キーワード[自然言語処理]の記事一覧ページ

menu

×AI

TAG自然言語処理

AI時代の到来で追いやられた人気女性歌手がしたこととは

AIといえば歌手。少なくとも5年前の検索エンジン上の結果はそうだった。そしていま。AIで検索すると「人工知能(AI)とは、人間の知的ふるまいの一部をソフトウェアを用いて人工的に再現したものです。」というSASのAI解説ページが一番上にくる。…

AIとの連携で伝達に革新をもたらすスマホIP無線の実力

<ウチのAIココがウリ>Vol.1 人間の仕事を奪うというセンセーショナルな存在として一躍注目を集めたAI。その進化は加速度を増しているが、ビジネスの現場に広く浸透するには至っていない。AIの得意/不得意分野の認識が不十分なことに加え、A…

MatrixFlow

非エンジニアも手軽に使えるAI構築プラットフォームの実力

AI導入のボトルネックは人材不足だ。有望人材は主要なAI開発企業へ流れ、潜在人材もAIを事業ドメインとする大小企業へ漂着していく…。そうなると全くAIに接点のない企業はとりあえず、外部委託を検討するだろう。だが、まさに手探り状態でしかも決し…

AIチャットボット

AIチャットボットは企業の窓口としてどこまで使えるのか

【連載:AI脳の創り方】Vol.4 スマートフォンの普及などもあり、若い人達を中心にチャットを利用することの抵抗感が少なくなってきています。抵抗感が少ないどころか電話よりもチャットのほうが気楽だと、電話の方が敬遠されることがあるほどで…

IoT

グノシーがAI活用した“情報研究所”を開設

次はオフライン領域へ。(株)Gunosy(本社:東京都港区、代表取締役 CEO:竹谷祐哉)が、2019 年 3 月 15日付で、同社内に「Gunosy Tech Lab(グノシー テック ラボ)」を設立したことを発表。同ラボを拠点に、同社は…

AIを使うにはAIをマネジメントする能力が必要

【連載:AI脳の創り方】Vol.3 関係者への修正依頼のようなチェック作業があります。やったことがある人であれば想像がつくかも知れませんが、量だけで言えば問題のある文章というのは全体の概ね数パーセント程度しかないものです。とはいえ、こ…

AI導入を考える前に知っておくべきその実状

【連載:AI脳の創り方】Vol.2 <『AI』はこれまで人間がやるしかなかった業務を代わりに実施してくれるようになります> よく聞くAI導入時の紹介フレーズです。ズキッと刺さる言葉ですが、本当に今あなたがやっている業務はそんなに…

会社へのメール問い合わせをAI対応に切り替えたい

【連載:Q&AI】 AIベンチャー社長中村陽二氏が、悩める担当者にズバリ回答するビジネス相談室。 Q:会社へのメール問い合わせをAI対応に切り替えたい Q:基本的には問題ない認識だが、クレームの場合、どの程度まで自動対応が可能なの…

テキストデータを分類し、大幅な業務効率化を実現するAIサービス

テキストデータを分類し、大幅な業務効率化を実現するAIサービス

昨今、AIの導入を検討している企業は少なくないだろう。とはいえ、何をどうしたらいいのか分からないというのが実状かもしれない…。コスト面がネックとなり導入に踏み切れない、あるいは人間を打ち負かす能力があるというイメージが強すぎ、別の意味で導入…