AI(人工知能)情報マガジン・注目キーワード[機械学習]の記事一覧

AI(人工知能)情報マガジン ×AI(カケルAI)の注目キーワード[機械学習]の記事一覧ページ

menu

×AI

TAG機械学習

連載:Q&AI

Vol.6

AIベンチャー社長がズバリ指南。失敗しないAI活用の勘どころ

AIを導入するには多くのデータが必要だと聞きました。本当のところはどうなのでしょうか?

AIを導入するには多くのデータが必要だと聞きました。本当のところはどうなのでしょうか?

AIベンチャー社長の中村氏が、AIビジネスを検討するビジネスパーソンの疑問や質問に回答するQ&A企画。今回は、AI導入を検討している企業の担当者から寄せられた声にズバリ回答いたします。 Q:データ量があまりないとAIを導入できないのか…

連載:AI脳の創り方

Vol.9

ビジネスパーソンのための戦略的AI活用のキモ

人工知能イメージ

AI導入が難しい、見落としがちな重要ポイントとは

AIは万能というイメージが強いのは、昨今の囲碁や将棋での実績、医療分野での目覚ましい進展などが目立つからかもしれません。確かに、AIにはそれだけのポテンシャルがあるのは事実です。しかし、課題を設定するのはあくまでも人間。AIは課題設定ができ…

AI活用で進化するOCRの使い勝手

<ウチのAIココがウリ> Vol.4 手書きや活字をデジタルカメラなどで読み取り、デジタルの文字コードに変換するOCR(光学的文字認識)市場が拡大している。業務効率化やデジタルトランスフォーメーションの観点からもニーズが増大し、201…

連載:逆説的AI論

Vol.1

大久保圭太(税理士)×境目研究家・安田佳生

大久保氏と安田氏

AI時代に生き残る税理士の考え方とは

AIに仕事を奪われる職業の筆頭に挙がる士業。今回、境目研究家の安田氏が迫ったのは、財務に強い税理士の大久保圭太氏。AI脅威論などどこ吹く風で、独自ポジションを築き上げ、しっかりと稼いでいる。テーマはズバリ、AI時代に埋もれない税理士と埋もれ…

連載:逆説的AI論

Vol.3

甲野善紀(武術研究者)×境目研究家・安田佳生

甲野氏

AIが脅威になるほど人が人であることを考えるきっかけになる

境目研究家・安田氏×武術研究者・甲野氏の対談は3回目となり、テーマはいよいよAIにおよぶ。AIにより人間の仕事が奪われるという論調もある中で、甲野氏は「むしろ人間としてこれからどうすべきかを少しは考えるようになる」とあくまで肯定的。その上で…

連載:逆説的AI論

Vol.2

甲野善紀(武術研究者)×境目研究家・安田佳生

安田-甲野

サルが進化して人間になったのは本当なのか

武術研究者・甲野氏と境目研究家・安田氏の対談は、2回目に突入。話は宇宙論まで飛び出す異次元の展開をみせながら、人間の祖先ともいわれるサルと人間の関係におよぶ。身体的特徴こそ似通っているが格段に開いた両者の知能レベル。あまりに不可思議なそのナ…

MatrixFlow

非エンジニアも手軽に使えるAI構築プラットフォームの実力

AI導入のボトルネックは人材不足だ。有望人材は主要なAI開発企業へ流れ、潜在人材もAIを事業ドメインとする大小企業へ漂着していく…。そうなると全くAIに接点のない企業はとりあえず、外部委託を検討するだろう。だが、まさに手探り状態でしかも決し…

大江氏と川端氏

パーソルが独自開発AIの活用で目指すエンジニアの仕事選びの理想形

総合人材サービスのパーソルグループでIT・ものづくりエンジニアの人材派遣を手掛けるパーソルテクノロジースタッフ(株)(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:礒田 英嗣)が、独自開発AIにより、求人と登録エンジニアとのマッチングをスタートした。…

IoT

グノシーがAI活用した“情報研究所”を開設

次はオフライン領域へ。(株)Gunosy(本社:東京都港区、代表取締役 CEO:竹谷祐哉)が、2019 年 3 月 15日付で、同社内に「Gunosy Tech Lab(グノシー テック ラボ)」を設立したことを発表。同ラボを拠点に、同社は…

AI監視の仕組み

AIが出会いの場の“不正”を機会学習で検知

ネット上で出会って結婚。昨今は、こうしたカップルも珍しくなくなっている。ある調査では、婚活中に結婚した人の4人に一人がネットによる交際相手のマッチングサービスを利用したことがあるという。年々拡大する同サービスについては、2024年の市場規模…