AI(人工知能)情報マガジン・注目キーワード[チャットボット]の記事一覧

AI(人工知能)情報マガジン ×AI(カケルAI)の注目キーワード[チャットボット]の記事一覧ページ

menu

×AI

TAGチャットボット

サイサーチ

高速で高精度な回答の検索を実現するAI搭載のFAQ検索エンジン

<ウチのAIココがウリ> Vol.11 顧客対応ツールはテクノロジーの進化と比例しながら機能性が向上し、その選択肢も豊富になっている。昨今は、チャットボットが電話によるオペレーター対応に並ぶ勢いで普及が加速。有人とそん色ないレベルの顧客対…

Web上のワインショップに常駐するAIソムリエの実力

<ウチのAIここがウリ>Vol.9 AI活用事例で、人間に代わって商品やサービスをレコメンドする機能はもはやすっかりお馴染だ。きめの細かさや奥深さはデータ量に左右されるが、しっかりと準備が整っていればむしろ、人間以上におもてなしが上手…

連載:逆説的AI論

Vol.4

三宅陽一郎(ゲームAI開発者)×境目研究家・安田佳生

AI時代のリアルとバーチャルの境目はどうなるのか

境目研究家の安田佳生氏とAI専門家の三宅陽一郎氏の対談もいよいよ最終回。AIによる実在しない人間の“複製”も加速する中で、リアルとバーチャルの境界線があいまいになりつつある。その先にはどんな未来が待っているのか…。 AIがつくりだす架空の…

コールセンターに見るAI×人間の協業の理想のカタチ

人間が得意なことはAIが苦手で人間が苦手なことはAIが得意といわれている。ざっくりいえば、人間がパターン化されていない事象への対応がうまいのに対し、AIはきっちりデータが揃い、パターンが確立された事象への対応が得意ということだ。 得意×不…

連載:AI脳の創り方

Vol.8

ビジネスパーソンのための戦略的AI活用のキモ

なぜAIは100%正しい答えを返せないのか

計算機(コンピューター)というものは計算を間違えたりしないものです。複雑な計算であっても人間のようにミスすることなく何千万回でも計算を繰り返し100%正しい答えを返してくれます。ところがこれがAIになると一転「100%正解することはありませ…

連載:Q&AI

Vol.5

AIベンチャー社長がズバリ指南。失敗しないAI活用の勘どころ

コールセンターの課題を解決するシステム導入を検討しているが、失敗したくない。どのような業者を選ぶべきか。

コールセンターの課題を解決するシステム導入を検討しているが、失敗したくない。どのような業者を選ぶべきか。

AIベンチャー社長の中村氏が、AIビジネスを検討するビジネスパーソンの疑問や質問に回答するQ&A企画。今回は、コールセンターを運営する経営者から寄せられた声にズバリ回答いたします。 Q:人手不足や問い合わせ対応の工数増加を削減する…

tellbo

後期高齢者に特化したコミュニケーションロボットの可能性

ロボット開発で重要なのは技術的視点なのはいうまでもない。だが、社会に広く浸透し、課題解決を担うこともミッションとすれば、使いやすさが最重要項目となる。変なホテルでロボット事業へ参入したハウステンボスが2019年5月31日に販売するコミュニケ…

連載:AI脳の創り方

Vol.5

ビジネスパーソンのための戦略的AI活用のキモ

AIチャットボット

まだ“未熟”なAIチャットボットを有効活用する勘所

人に代わって消費者の質問などに回答してくれるAIチャットボットサービス。導入の手軽さやその利便性から普及が拡大していますが、“会話”の進化はあまり見られません。研究も進むAIチャットボットサービスがなぜ、「りんな」のように自然な会話にならな…

連載:AI脳の創り方

Vol.4

ビジネスパーソンのための戦略的AI活用のキモ

AIチャットボット

AIチャットボットは企業の窓口としてどこまで使えるのか

スマートフォンの普及などもあり、若い人達を中心にチャットを利用することの抵抗感が少なくなってきています。抵抗感が少ないどころか電話よりもチャットのほうが気楽だと、電話の方が敬遠されることがあるほどです。そのため、今では多くの企業のホームペー…

連載:Q&AI

Vol.4

AIベンチャー社長がズバリ指南。失敗しないAI活用の勘どころ

会社へのメール問い合わせをAI対応に切り替えたい

AIベンチャー社長中村氏が、悩める担当者にズバリ回答するビジネス相談室。 Q:会社へのメール問い合わせをAI対応に切り替えたい Q:基本的には問題ない認識だが、クレームの場合、どの程度まで自動対応が可能なのか。できれば完全自動化が希望だ…

さらに記事を表示する