AI(人工知能)情報マガジン・注目キーワード[採用]の記事一覧

AI(人工知能)情報マガジン ×AI(カケルAI)の注目キーワード[採用]の記事一覧ページ

menu

×AI

TAG採用

ai採用アンケート

AI採用導入の完全否定派15.3%は多いのか…

採用にAIを導入する企業が増加している。人事担当の負担減に加え、バイアスをなくすことで公平な選考を実現するなどがその理由とされる。実際、AI採用で優秀人材を確保した事例も目立ってきている。 拡がるAI採用。転職希望者の本音とは では、採…

連載:逆説的AI論

Vol.6

藤井薫(リクナビNEXT編集長)×境目研究家・安田佳生

安田×藤井

非AI領域とAI化の境目にある働くの未来形とは

境目研究家・安田氏とリクナビNEXT編集長の藤井薫氏がAI化をテーマに採用の未来を探る特別対談もいよいよ最終回。現状の採用の問題点追求から始まった対談は、AIマッチングの大いなる可能性に波及し、「働く」の明るい未来を照らし出す形でフィナーレ…

連載:逆説的AI論

Vol.4

藤井薫(リクナビNEXT編集長)×境目研究家・安田佳生

変化する採用戦略と採用AI化推進の必然

AI化が推進するマッチング2.0で変わる働くことの意味

境目研究家・安田氏とリクナビNEXT編集長の藤井薫氏がAI化をテーマに採用の未来を探る特別対談第4弾。現状の採用の問題点に肉薄した先には、AIを活用し、マッチング精度を限りなく高める理想の採用マッチングの輪郭が見えてきた。 ヒトの能力を最…

連載:逆説的AI論

Vol.3

藤井薫(リクナビNEXT編集長)×境目研究家・安田佳生

仕事でなく人にマッチングする究極のカタチとは

境目研究家・安田氏とリクナビNEXT編集長の藤井薫氏がAI化をテーマに採用の未来を探る特別対談第3弾。今回は、現状の採用の課題を追求しながら、より働く人が輝ける次世代の採用のカタチをあぶりだしていく。 これまでの人材マッチングが内包する課…

連載:逆説的AI論

Vol.2

藤井薫(リクナビNEXT編集長)×境目研究家・安田佳生

変化する採用戦略と採用AI化推進の必然

変化する採用戦略と採用AI化推進の必然

境目研究家・安田氏とリクナビNEXT編集長の藤井薫氏がAI化をテーマに採用の未来を探る特別対談第2弾。今回は、採用を取り巻く環境の変化に切り込みながら、AI導入が必然となりつつある社会の輪郭をなぞっていく。 社会構造の変化と採用戦略の進化…

ICMGエグゼクティブアドバイザーの若林豊氏

判定結果を説明可能な次世代型AI人材アセスメントツールが登場

AIか面接か。採用難の時代にあって、効率を取るかきめ細かさを重視するかは悩ましい課題といえる。採用やリテンションにAIを導入した成功事例は着実に増えており、効率以上の成果をもたらすことも証明され始めている。とはいえ、100%信頼するのははば…

連載:逆説的AI論

Vol.1

藤井薫(リクナビNEXT編集長)×境目研究家・安田佳生

境目評論家・安田佳生氏(左)とリクナビネクスト編集長藤井薫氏

採用とAI化の境目には何があるのか

産業および社会構造の変化でデジタルトランスフォーメーションが必至の情勢だ。時代に取り残されないためにも、もはやAI導入は不可欠。もっとも、どう活用するかが不明瞭で足踏みしている企業もあるだろう。そこで本企画では、各業種/業界の本質を突き詰め…

AI採用で優秀人材を獲得できる企業は何が違うのか

AIを活用した採用が浸透し始めている。大量の応募者を効率的にさばき、質も低下させたくない場合、現状で最も有効な手段のひとつだからだ。一方で、アマゾンが差別的な分析への懸念からAI採用を中止した事例もある。AIが採用プロセスに不可欠なツールと…

人事評価はAIに任せたほうがいい4つの合理的理由

「アナタヲブチョウニバッテキシマス」。社会全体にAIが急速に浸透し始める中、ついに実用レベルのAI人事評価ツールが登場した。高速、低コスト、高精度、ノーバイアスで、人事評価プロセスの各難題をクリアする同ツールは、不透明な人事評価に革新をもた…