AIと共生し豊かな社会を創る情報マガジン ×AI(カケルAI)

AI(人工知能)と豊かな社会を創るヒントとなる情報をお届け

menu

×AI

AIがつくったこの世に存在しない人物素材の実用度

2019.05.24

AIがつくったこの世に存在しない人物素材の実用度

ライフスタイル
AI時代に活躍する人材になるために磨くべき3つの能力とは

2019.06.17

AI時代に活躍する人材になるために磨くべき3つの能力とは

ライフスタイル
AIで万引きを抑止するメカニズム

2019.05.23

AIで万引きを抑止するメカニズム

ビジネス

LATEST ENTRIES

aibrainst

創造領域にAIを活用すると発想は飛躍するのか

AIがパターン化された業務やビッグデータの解析に長けていることはもはやいうまでもないだろう。逆にいえば、創造的な領域においては、AIが人間に劣る部分もあるということだ。とはいえ、AIによって人間の脳みそを刺激し、その創造領域を“増幅”すると…

向氏

AIで英語教育のアップデートを目指すレアジョブEdTech Labとは

人とテクノロジーそれぞれのよさを最大限に引き出し、教育の価値最大化を目指す――。2019年1月にオンライン英会話のレアジョブに発足したレアジョブEdTech Lab(以下EdTech Lab)」。テクノロジーによる英語教育の変革を目指して設…

講師

活況のAI人材育成市場でスクール選びに失敗しないキモ

<ウチのAIここがウリ>Vol.5 政府が25万人という目標を掲げ、育成プランを打ち出すなど、不足が深刻なAI人材。AI自体はビジネス実装フェーズに入り、落ち着きつつある中で、現場で求められる人材を育成するスクール周辺はホットな状況に…

連載:逆説的AI論

Vol.2

三宅陽一郎(ゲームAI開発者)×境目研究家・安田佳生

安田氏×三宅氏

得意と不得意分野がハッキリしているAIをどう考えるか

AI素人の安田氏とAI専門家・三宅氏の対談は2回目を迎え、リズムが噛み合い始める。AIのポテンシャルに興味津々の安田氏は、その可能性を遠慮なく掘り下げる。だが、見えてきたのは意外にもAIの“未熟さ”だ。 人工知能の限界と可能性 安田 お…

AIカメラでレッスン状況を可視化し、効果を最大化する取り組みがスタート

学習効果が向上すれば、習熟は加速する。問題は、どうやってそれを実現するかだ。より良い教材を開発する、より良い教え方を研究する…アプローチの仕方は様々だろう。とはいえ、本当にレッスンがうまくいっているのかは分からない。ここをクリアできなければ…

連載:Q&AI

Vol.6

AIベンチャー社長がズバリ指南。失敗しないAI活用の勘どころ

AIを導入するには多くのデータが必要だと聞きました。本当のところはどうなのでしょうか?

AIを導入するには多くのデータが必要だと聞きました。本当のところはどうなのでしょうか?

AIベンチャー社長の中村氏が、AIビジネスを検討するビジネスパーソンの疑問や質問に回答するQ&A企画。今回は、AI導入を検討している企業の担当者から寄せられた声にズバリ回答いたします。 Q:データ量があまりないとAIを導入できないのか…

連載:AI脳の創り方

Vol.9

ビジネスパーソンのための戦略的AI活用のキモ

人工知能イメージ

AI導入が難しい、見落としがちな重要ポイントとは

AIは万能というイメージが強いのは、昨今の囲碁や将棋での実績、医療分野での目覚ましい進展などが目立つからかもしれません。確かに、AIにはそれだけのポテンシャルがあるのは事実です。しかし、課題を設定するのはあくまでも人間。AIは課題設定ができ…

AI活用で進化するOCRの使い勝手

<ウチのAIココがウリ> Vol.4 手書きや活字をデジタルカメラなどで読み取り、デジタルの文字コードに変換するOCR(光学的文字認識)市場が拡大している。業務効率化やデジタルトランスフォーメーションの観点からもニーズが増大し、201…

連載:逆説的AI論

Vol.1

三宅陽一郎(ゲームAI開発者)×境目研究家・安田佳生

AIは人間を超えられるのか

境目研究家の安田佳生氏が、逆説的にAIの可能性を探る対談企画。今回の相手はAIの専門家・三宅陽一郎氏。AIの知見は「素人以下」という安田氏は、多様な観点から人工知能の可能性を追求し続ける三宅氏にどう迫るのか…。1回目のテーマは、ズバリ「そも…

コールセンターに見るAI×人間の協業の理想のカタチ

人間が得意なことはAIが苦手で人間が苦手なことはAIが得意といわれている。ざっくりいえば、人間がパターン化されていない事象への対応がうまいのに対し、AIはきっちりデータが揃い、パターンが確立された事象への対応が得意ということだ。 得意×不…

さらに記事を表示する