AIで暮らしや生活を変える技術とは【×AI(カケルAI)】

AI(人工知能)技術で生活や暮らしを変えた事例などをご紹介

menu

×AI

CATEGORYライフスタイル

ライフスタイルの中にAIが絡むことで何が変わるのか。体感として大きく変わることはないかもしれません。スマホのカメラの性能が上がったとしても、それがAIによるものと、わざわざ感じることはないでしょう。飲食チェーンの料理の質が上がったのが、AIによるものだとしても気にも留めないでしょう。ライフスタイルにおけるAIの浸透は、いつの間にか快適になっている、そんな感覚で進んでいくでしょう。

連載:逆説的AI論

Vol.1

三宅陽一郎(ゲームAI開発者)×境目研究家・安田佳生

AIは人間を超えられるのか

境目研究家の安田佳生氏が、逆説的にAIの可能性を探る対談企画。今回の相手はAIの専門家・三宅陽一郎氏。AIの知見は「素人以下」という安田氏は、多様な観点から人工知能の可能性を追求し続ける三宅氏にどう迫るのか…。1回目のテーマは、ズバリ「そも…

AI時代に活躍する人材になるために磨くべき3つの能力とは

なぜAI時代は人を不安にするのか… AI時代の到来は、職場にフォーカスするとどちらかといえばネガティブな捉え方が目立つ。人間に取って代わり、仕事を奪うというのがその理由だろう。このなんとも言えない不安の正体を「専門家はAI失業の危機を語る…

連載:逆説的AI論

Vol.4

大久保圭太(税理士)×境目研究家・安田佳生

大久保氏

気鋭の税理士が目指す新しいビジネススタイル

財務に強い税理士の大久保圭太氏と境目研究家の安田氏の対談最終回は、AI時代に負けない税理士集団を生む、独自の運営ノウハウを公開。士業の概念に縛られない税理士が目指す、新しいビジネススタイルの一端に境目研究家が切り込む。 『100人のパート…

連載:逆説的AI論

Vol.3

大久保圭太(税理士)×境目研究家・安田佳生

大久保氏と安田氏

AI時代に知っておくべき、お金の処方箋

財務に強い税理士の大久保圭太氏と境目研究家の安田氏の対談3回目は、稼げる税理士によるお金の増やし方へテーマが展開。すごい蓄財術がクールに明かされる中で、AI時代のお金の借り方など、今回も濃密な内容となった。 その3 『ヒトの金で商売をする…

連載:逆説的AI論

Vol.2

大久保圭太(税理士)×境目研究家・安田佳生

大久保氏

AI時代に稼げる税理士はなにをしているのか

財務に強い税理士の大久保圭太氏と境目研究家の安田氏の対談2回目は、稼げる税理士はなにをしているかについて肉迫。そこから見えてきたのは職業的な“体質”が、思考停止を醸成しているという事実だ。そこからは、AI時代に埋もれない職業観もあふれ出てき…

AIがつくったこの世に存在しない人物素材の実用度

写真素材をダウンロードできるサイトを運営する「ACワークス」が、そのラインナップにAI人物素材を加えた。「まだ研究段階」としてβ版での提供だが、その出来栄えはなかなかのものだ。 写真素材の無料ダウンロードをサービスとする同社は、AI素…

連載:逆説的AI論

Vol.1

大久保圭太(税理士)×境目研究家・安田佳生

大久保氏と安田氏

AI時代に生き残る税理士の考え方とは

AIに仕事を奪われる職業の筆頭に挙がる士業。今回、境目研究家の安田氏が迫ったのは、財務に強い税理士の大久保圭太氏。AI脅威論などどこ吹く風で、独自ポジションを築き上げ、しっかりと稼いでいる。テーマはズバリ、AI時代に埋もれない税理士と埋もれ…

AI時代の到来で追いやられた人気女性歌手がしたこととは

AIといえば歌手。少なくとも5年前の検索エンジン上の結果はそうだった。そしていま。AIで検索すると「人工知能(AI)とは、人間の知的ふるまいの一部をソフトウェアを用いて人工的に再現したものです。」というSASのAI解説ページが一番上にくる。…

連載:逆説的AI論

Vol.5

甲野善紀(武術研究者)×境目研究家・安田佳生

ヒモトレをする安田氏

【編集後記拡大版】 AIは人間になれず、人間はAIにあらず…

対談後の“実践編”では理解不能な出来事が連発 身体の動きを研究する甲野氏と境目研究家・安田氏の対談。この対談企画は毎回、シナリオなしの一発勝負だが今回、私は時に理解不能で複雑な動きや反応をする人間を甲野氏がどう解釈し、AIに取り込む場合、…

連載:逆説的AI論

Vol.4

甲野善紀(武術研究者)×境目研究家・安田佳生

甲野氏

複雑すぎる人間の構造にAIはどこまで近づけるのか

脳の支配を飛び越え行動のスイッチを入れる本能。生誕時から組み込まれた生物としての防御機能といっていいかもしれない。あるきっかけで、身に覚えのないほどにポテンシャルが爆発することがある。対談の最終回は、制御不能のスイッチが入るメカニズムの考察…

さらに記事を表示する