年齢識別するAIの驚きの精度

年齢確認するAIはどこを見ているのか

menu

×AI

居酒屋などのアノ問題をクリアにするAI活用

コンビニなどでアルコールを購入すると、年齢確認が行われる。誰がみても「大人」でもルールだから仕方がない。もっとも、AIを活用した顔認証を使えば、こうした年齢確認は知らぬ間に一瞬で終えることが可能だ。

96%を超える精度で年齢を識別

(株)チャオはさきごろ、居酒屋チェーンの養老乃瀧の協力を得て実施したAIを搭載したクラウドカメラを活用した年齢認証の実証実験結果を公開。飲食店における未成年か否かの判定ツールとしての優れたポテンシャルを証明している。

先に結論をいえば、検知率は96.1%だった。これなら、従業員が口頭確認するより精度が高いといっていいだろう。直接聞くと虚偽の申告をする可能性も否定できないからだ。

顔認証の構築には、まずAWS Rekognition Imageの顔認証機能を最大限に活用。AIで画像を識別し、推定年齢を算出。その段階でも検知率90.7%の年齢推定を実現。次に、ディープラーニングによる画像判別技術を活用し、大量のデータでAIが学習を継続し、精度を改善。検知率は96.1%に向上し、判別時間も大幅に向上させた。

年齢確認ツールとして導入するのに、十分といえる結果を弾き出した同ツール。未成年者の飲酒に関するトラブルは、店側にとって大きなダメージなるだけでなく、未成年者保護の観点からも重要であり今後、浸透が加速していくかもしれない。

なににAIを活用するのか、は意外に難しい。AI化で効率が上がるのが確かでも、本当に導入するほどの価値があるかとは話が違うからだ。そこで視点を変えれば、人間がやるには気が引けて、AIでやる方が格段にうまくいく。そうしたことをAI活用の優先事項とすれば、すんなり方向性が固まるかもしれない。

飲食や小売における年齢確認はまさにこうしたケースに当てはまる。重要だけど、人間がやるには課題がある。コストの面で二の足を踏む店舗も少なくないだろうが、もしも年齢確認に課題を感じているなら、迷わず有効活用するのが賢明といえるだろう。

関連記事