AIで暮らしや生活を変える技術とは【×AI(カケルAI)】

AI(人工知能)技術で生活や暮らしを変えた事例などをご紹介

menu

×AI

CATEGORYライフスタイル

ライフスタイルの中にAIが絡むことで何が変わるのか。体感として大きく変わることはないかもしれません。スマホのカメラの性能が上がったとしても、それがAIによるものと、わざわざ感じることはないでしょう。飲食チェーンの料理の質が上がったのが、AIによるものだとしても気にも留めないでしょう。ライフスタイルにおけるAIの浸透は、いつの間にか快適になっている、そんな感覚で進んでいくでしょう。

保育1

AIの積極活用で見据える保育園の未来図とは

【ウチのAIココがウリ】Vol.8 「保育園とAI」というとあまりピンとくる組み合わせではないかもしれない。ユニファが企画・運営する「ルクミーフォト」は、保育士が撮影した園児の写真を保護者へ届けるフォトサービス。このサービスの進化型に、A…

連載:逆説的AI論

Vol.1

向井蘭(労働法に強い弁護士)×境目研究家・安田佳生

安田向井

残業=悪が標準になることで再編必至の中小企業

境目研究家の安田佳生氏が、逆説的にAIにアプローチする対談企画も第7弾に突入。今回は、労働法に強い弁護士・向井蘭氏がお相手。働き方改革法案の施行もあり、話はAIそっちのけで、中小企業の今後へと展開。そこから浮き彫りなったのは中小企業にとって…

連載:逆説的AI論

Vol.4

三宅陽一郎(ゲームAI開発者)×境目研究家・安田佳生

AI時代のリアルとバーチャルの境目はどうなるのか

境目研究家の安田佳生氏とAI専門家の三宅陽一郎氏の対談もいよいよ最終回。AIによる実在しない人間の“複製”も加速する中で、リアルとバーチャルの境界線があいまいになりつつある。その先にはどんな未来が待っているのか…。 AIがつくりだす架空の…

AIが変えるオフィスの未来

職場でのAI活用といえば、業務効率化や新サービスへの実装をイメージするだろう。だが、全く違う観点からAIによるオフィス変革を実現することも可能だ。オフィスを作業空間という側面で捉え、徹底してその快適性を追求。結果として、そこで働く人のポテン…

AIによる教育アップデートで見据えるグローバル人材育成のシナリオ

英語学習の究極形を目指すレアジョブのR&Dプロジェクト、レアジョブEdTech Lab(以下EdTech Lab)」。それは、テクノロジーの力を活用し、英語学習の阻害要因を可能な限り排除する取り組みとなる。学習をエンタメの域にまで昇…

連載:逆説的AI論

Vol.3

三宅陽一郎(ゲームAI開発者)×境目研究家・安田佳生

安田氏-三宅氏

AI時代に生き残れる人材とは

境目研究家の安田佳生氏とゲームAI開発者・三宅陽一郎氏の対談は3回目に突入。AIの可能性に期待を膨らませる一方で、AI時代に生き残れる人材に話は発展していく――。 協働する宿命にあるヒトとAI 安田 人間よりも人工知能の方が、はるかにメ…

講師

活況のAI人材育成市場でスクール選びに失敗しないキモ

<ウチのAIここがウリ>Vol.5 政府が25万人という目標を掲げ、育成プランを打ち出すなど、不足が深刻なAI人材。AI自体はビジネス実装フェーズに入り、落ち着きつつある中で、現場で求められる人材を育成するスクール周辺はホットな状況に…

AIカメラでレッスン状況を可視化し、効果を最大化する取り組みがスタート

学習効果が向上すれば、習熟は加速する。問題は、どうやってそれを実現するかだ。より良い教材を開発する、より良い教え方を研究する…アプローチの仕方は様々だろう。とはいえ、本当にレッスンがうまくいっているのかは分からない。ここをクリアできなければ…

連載:逆説的AI論

Vol.1

三宅陽一郎(ゲームAI開発者)×境目研究家・安田佳生

AIは人間を超えられるのか

境目研究家の安田佳生氏が、逆説的にAIの可能性を探る対談企画。今回の相手はAIの専門家・三宅陽一郎氏。AIの知見は「素人以下」という安田氏は、多様な観点から人工知能の可能性を追求し続ける三宅氏にどう迫るのか…。1回目のテーマは、ズバリ「そも…

AI時代に活躍する人材になるために磨くべき3つの能力とは

なぜAI時代は人を不安にするのか… AI時代の到来は、職場にフォーカスするとどちらかといえばネガティブな捉え方が目立つ。人間に取って代わり、仕事を奪うというのがその理由だろう。このなんとも言えない不安の正体を「専門家はAI失業の危機を語る…

さらに記事を表示する