AIでヘルスケア業界が変わる事例とは【×AI(カケルAI)】

AI(人工知能)技術でヘルスケア事業が変わった事例などをご紹介

menu

×AI

CATEGORYヘルスケア

ヘルスケア領域におけるAIの活用は、他分野に比べ進んでいるといわれています。画像認識による疾病判定では医師を超えたというデータもあります。個人のバイタルデータを解析することで、予防分野でも様々な展開が考えられます。昨今はウェアラブル端末と連動し、データ取得の選択肢も豊富になっており、ますますAIとの親和性が高まっていくでしょう。AIを活用したみえる化で、ヘルスケア領域はよりロジカルでセルフなものへとシフトしていくはずです。

AI医療機器ベンチャーのアイリスが描く医療現場の未来

AI医療機器ベンチャーのアイリス(株)(本社:東京都千代田区、代表取締役:沖山翔)がさきごろ、塩野義製薬、Beyond Next Ventures2号投資事業有限責任組合を引受先とする、12.5億円の第三者割当増資を行った。すでに実施してい…

マッサージ

マッサージチェアにAIを搭載するともみ具合はどう進化するのか

【これもAI? AIマッサージ】 肌のぬくもりを感じることで一層ありがたみを感じることがある。手作りのお弁当や手縫いのセーターはたとえ見栄えが良くなくともうれしいものだ。マッサージもその類と思っていたが、なにやらAIを駆使したマッサージ器…

10大疾病の発症率を予測するAIサービス

10大疾病の発症率を予測するAIサービス

韓国の人工知能専門企業・SELVAS AI(ソウル)が人工知能疾病予測ソリューション「Selvy Chekup」の最新版(Ver.2)の日本での提供を2018年11月20日より開始した。健康診断の情報を入力するだけで癌など主要10疾病の発生…

人工知能でメンタル疾患を予防する時代の注意点

人工知能でメンタル疾患を予防する時代の注意点

HRテックで期待されるのは、採用や業務の効率化ばかりでない。人工知能(AI)を活用するという視点でいえば、離職や精神疾患の予防への貢献にも期待が寄せられている。本来なら、綿密なコミュニケーションがそうした不幸を回避する役割を担うが、複雑化と…