チューニングとは・AI関連用語集

チューニングとは、意味や概念を詳しく解説

menu

×AI

AI用語事典

チューニング

tuning

チューニングとは、IT業界においてはシステムやプログラムなどを改良し、パフォーマンスの向上を図ることを言う。基本的には「調律」や「同調」を意味する言葉であり、主に音楽業界やテレビ、ラジオ業界で使われるイメージだが、意味合いとしてはほぼ同じだと思ってよい。

例えば、データベースの場合。同じデータを扱うにしても、それを使用する媒体によって処理速度が変化したり、かかる負荷(必要なメモリー量)が違ったりする。こういった時、出来る限り手間がかからず、使いやすいように調整を行うのがチューニングだ。市販されているパソコンは既にチューニングが行われた状態なので、純粋な使い手にとってはあまり馴染みがない言葉かもしれない。だが、自作パソコンを使用したり、システム開発を行ったりする立場の人からすれば非常に重要な作業と言えるだろう。

また、開発し終わった後でより信頼性の高いシステムへ改良しようとする行為を「パフォーマンスチューニング」と言うこともある。例えばいつも閲覧しているWebサイトが重くて見られない、スマートフォンでやっているソーシャルゲームの動作が遅いなど問題が起こった場合に、管理者や運営側が対処することで快適になった、という経験をしたことはないだろうか。これもチューニングの一種であり、システムの「最適化」なのである。

システムやサービスを使用する側である以上、チューニングはさほど身近な作業ではない。しかし、昨今どんどんパソコンやスマートフォンが普及し、使用目的が多様化するにつれ少しずつ「使いやすいよう自らカスタマイズする」方向に変わっているようにも思える。自分にとっての最適化とは何か…それを考えられることこそが最適なチューニングを行う上で、何よりも重要といえるのかもしれない。

AI用語解説:×AI編集部監修

AI用語を調べる

アイウエオ索引

アルファベット索引

AI用語事典TOPに戻る