SaaSとは・AI関連用語集

SaaSとは、意味や概念を詳しく解説

menu

×AI

AI用語事典

SaaS

サーズ

SaaSとは「Software as a Service(ソフトウェア アズ ア サービス)」の略で、インターネット経由で利用できるクラウドサービスの一種。ネットワークを経由し、これまでパッケージ製品として提供されていたソフトウェアを必要な機能だけ利用できるのが特徴である。

クラウドサービス類似のサービスは従来から存在したが、2006年にクラウドコンピューティング(コンピューター資源をネットワーク経由でサービスとして提供するもの)という言葉が普及したことで、主にその上で提供されるソフトウェアがSaaSと呼ばれるようになった。

SaaSでは「データをネット上に保存する」「様々な端末(パソコン、スマホ、タブレットなど)からデータにアクセスする」「複数の人間でデータを共有、管理、編集する」など様々な機能を利用でき、いずれも非常に手軽かつスピーディーなのが利点である。

よく知られるSaaSには、Googleが提供しているメールサービス「Gmail」や「Googleカレンダー」など一般的に利用者が多いWebアプリが多数含まれたグループウェアツール「Google Apps」(現名称:G Suite)、ログインして少々カスタマイズを加えるだけで自分だけの日記や記事が書ける無料のブログサービスなどが挙げられる。

例えるなら家具付き物件や居抜き物件のようなもので、入居したその日から不自由なく生活できたり、スムーズに開店できたりというメリットがある。その一方で「自由度が低い」というデメリットがあり、利用には目的の吟味が重要となる。自宅や店内の内装やデザイン、家具などにとことんこだわりたいという人にとっては時にそういった物件が不便に思えるように、SaaSも自分で細部までカスタマイズしたい人には不向きなサービスといえる。

AI用語解説:×AI編集部監修

AI用語を調べる

アイウエオ索引

アルファベット索引

AI用語事典TOPに戻る