Rubyとは・AI関連用語集

Rubyとは、意味や概念を詳しく解説

menu

×AI

AI用語事典

Ruby

ルビー

Rubyとは、日本のソフトウェア技術者であるまつもとゆきひろによって開発されたオブジェクト指向スクリプト言語。Javaをはじめとしたコンパイラ言語に比べ、人間が記述したソースコードを機械的な命令に変換する「コンパイル」という作業が必要ないため、プログラミングが比較的容易にできるのが特徴とされる。

ルビー生まれは1993年で、1995年にfj(日本のネットニュースのグループトップカテゴリのひとつ)で発表されたことで世間に知れ渡った。名前の「Ruby(ルビー)」はその響きの通り宝石が由来となっており、強力な文字列処理を行えるのが特徴のプログラミング言語「Perl(パール)」が真珠(Pearl)と同じ発音をすることから名付けられたという。

■Rubyのメリット
メリットとしてよく言われるのは、以下の通りである。

・「Ruby on Rails」というWebアプリケーションフレームワークを使用できる
Rubyの最たるメリットがこれである。Ruby on RailsはRubyを効率的に活用できるフレームワークであり、Webサイトやそれに伴う業務サービスの開発に非常に適しているとされる。Rubyを活用している会社では主にこのフレームワークも使用しているので、エンジニアにとっては案件の求人が多いという利点も。

・短い記述量で、簡潔に書ける
記述量が少ないのもRubyの特徴である。これは業務をスピーディーに終えられるというメリットはもちろん、覚える労力も少なくて済むので、プログラミングを楽しい!と感じやすいとの声も多い。

・スクリプト言語である
上記の通りコンパイルの必要がないスクリプト言語なので、作業時間を短縮できる。

また、国産のプログラミング言語なので、日本人の肌に馴染みやすいという感覚もあるかもしれない。Rubyは飲食店の口コミを投稿できる「食べログ」や、個人のレシピを登録、閲覧できる「クックパッド」などの有名大型サイトにも活用されており、能率の高さが評判となっている。プログラミングを学ぶ際には、ぜひ覚えておきたい言語と言えるだろう。

AI用語解説:×AI編集部監修

AI用語を調べる

アイウエオ索引

アルファベット索引

AI用語事典TOPに戻る