Pocとは・AI関連用語集

Pocとは、意味や概念を詳しく解説

menu

×AI

AI用語事典

Poc

ポック

Pocとは「Proof of Concept(プルーフ オブ コンセプト)」の略で、和訳すると「概念実証」となる。主に新たな理論やアイディアなどを開発、実践する際、前段階において本当にそれが実現可能なのかを確かめることであり、とりわけIT業界では必要不可欠な工程とされている。

言葉自体は昔からビジネス上で使われており、特別新しい概念ではない。しかし、昨今IoT(モノのインターネット。様々なものがネットに繋がり、相互に制御を行うことでデジタル化した社会が実現すること)や人工知能などの普及により、最新の技術や理念がどんどん変化を遂げてゆく中では非常に重要なプロセスとなるので、最近ではより注目されている。

◇ポイント

① 技術的に可能かどうか
そのアイディアが机上の空論で終わらず、技術的に製品化や開発が実現可能なものなのかどうかを見る。例えば映画を撮影する際、ストーリーや発想力、画面の美しさよりも先に考えなければならないのは「今の人員や技術力で全てのシーンが成り立つのか」だろう。製品開発もそれと同じで、アイディアがいかに面白くても実現度が低ければ意味がない。

② コンセプトの検証
要求されるコンセプトの仕様や検討課題を探り、実現の具体性を見る。特にIT業界におけるPocではプロトタイプの開発が行われることが多いが、あくまでもこれは「本番用」ではない。そのため、目的とするコンセプトにプロトタイプの出した結果が合致していなければ、活用されずに破棄されることもある。

③ 費用や期間
これは簡単なことで、実現にかかる費用や期間を見る。理想としてはより安く、より短期間で効果が出るものが望ましい。

Pocは実用性が立証できるのはもちろん「実用までのスピードを速め、トラブルにも的確に対処可能になる」「実際にかかるコストを検証し、実用化について適切な判断を行うことができる」といったメリットも存在する。Pocはビッグデータの活用ややってみなければ分からない部分も多いAI導入などにおいてもその必要性が高まっており、ポイントを押さえておきたいところだ。

AI用語解説:×AI編集部監修

AI用語を調べる

アイウエオ索引

アルファベット索引

AI用語事典TOPに戻る