プランニングとは・AI関連用語集

プランニングとは、意味や概念を詳しく解説

menu

×AI

AI用語事典

プランニング

planning

プランニングとは、簡単に言えば「計画を立てる」こと。ビジネスにおいては新規事業についての企画立案、事業計画などを指すことが多い。特にIT業界では幅広い意味を持ち、代表的なものには以下のようなプランニングがある。

・キャパシティープランニング……システム開発の前や改修の前に現在の性能や機材台数などを見積もった上で、システムを最適な形で持続できるよう計画を立てること。パフォーマンス維持のために現在のキャパシティを把握し、将来的な負荷を予測するといった目的がある。

・Webプランニング……新規Webサイトを企画すること。これを生業にしているのが「Webプランナー」である。クライアントのニーズに応えたWebプランニングを行うには、ターゲットとなる利用者を想定しながら掲載する情報を分類し、見やすく設計する必要がある。

・戦略プランニング……IT業界のみならずビジネスではよく使われる言葉で、企業の市場におけるポジションを把握し、他社とは異なる強みを活かした長期的な経営戦略を立てることを言う。

計画と言っても、ただ「思いついて実現する」だけでは充分とは言えない。成功までの道筋を描くだけでなく、開発後、もしくは販売後どのようなトラブルや懸念事項が想定されるか?までを踏まえて極端な事故を防ぐのも、プランニングの重要な意義なのである。

また、昨今ではIT業界で働く営業系の資格としてITPS(ITプランニング・セールス検定)というものも存在する。これは市場把握力や情報収集力、提案企画力、課題解決力などを試される検定で、IT業界への就職、転職を望む人々には人気が高い。ただし、あくまでも「プランニング」に特化した資格であり、エンジニアやプログラマーとしての技術力を証明できる内容ではないため、希望の業種によっては注意が必要である。

AI用語解説:×AI編集部監修

AI用語を調べる

アイウエオ索引

アルファベット索引

AI用語事典TOPに戻る