形態素解析とは・AI関連用語集

形態素解析とは、意味や概念を詳しく解説

menu

×AI

AI用語事典

形態素解析

Morphological analysis

形態素解析とは、人間が使用している言語をコンピューターに認識させる技術である「自然言語処理」の一種で、最も基本的な手順のひとつとして知られている。

言語は、コンピューターに取り扱わせるのが非常に難しい。なぜならば言語には「絶対的なルール」というものが少ないからだ。もちろん互いに理解し合うためには正しい言語を使用する必要があるが、その一方で「文法的にはここを入れ替えても意味は通じる」とか「この単語とこの単語は同じ意味になることがある」など融通が利く部分も多く、コンピューターにとっては逆にその自由度の高さが曖昧に映ってしまうのである。

そのため、コンピューターに言語を認識させるには、まず形態素(最小単位)に区切ってそれぞれの役割を割り出す必要がある。この「最小単位で区切る」作業が形態素解析だ。例えば、以下の文章を見てみよう。

「私はりんごが好きです」

単純な文章だが、これを形態素解析してみるとこうなる。

「私、は、りんご、が、好き、です」(代名詞、副助詞、名詞、助詞、動詞の連用形、助動詞)

このように分割すると、文章はたくさんの単語(最小単位)の繋がりによって成り立っていることが分かる。これを辞書をはじめとした参考ツールと照らし合わせることにより、カッコ内の如く品詞や活用法などを解明し、それぞれの意味を探ってゆくのが「自然言語処理」なのである。品詞や活用法を当てはめる作業以降は形態素解析ではなく「構文解析」や「意味解析」と分類されることもあるため、覚えておくと良い。

形態素解析の代表的な活用例といえば、やはりGoogleやYahoo!などの大型サイトには欠かせない検索エンジン。最近はどんなに適当な言葉を入れても検索できてしまうため意識されにくいが、検索エンジンは基本的に検索ワードを単語ごとに区切り、余分な助詞や副詞などを省くことによってより的確な検索結果が出るようになっている。さらに進化したのが音声検索といえる。

AI用語解説:×AI編集部監修

AI用語を調べる

アイウエオ索引

アルファベット索引

AI用語事典TOPに戻る