ライブラリとは・AI関連用語集

ライブラリとは、意味や概念を詳しく解説

menu

×AI

AI用語事典

ライブラリ

library

ライブラリとは、一般的には図書館や蔵書、資料室といった意味をもつ単語。しかし、IT業界では基本的に「単体ではほとんど意味をなさない、補助的なプログラムの集まり」のことを指す。大抵は、他のプログラムから呼び出されることで起動するものである。

ライブラリイメージ例えば、あなたが「ギリシア神話のトロイア戦争に登場する女神たちについて」というレポートを書かねばならないとする。そうなると、大体の人はまず「ギリシア神話の本」か「関連サイト」を調べ、自分の必要な情報はどれなのか探す作業から始めるだろう。上手くいけば、まさに「トロイア戦争の女神たちを解説する」といった本に巡り合えるかもしれない。そうなれば執筆は更に容易となる。今の世の中では先人たちのお陰で、一からギリシア神話の原本を読む必要などないのである。

ライブラリもこれと同じ要領で、仮に「プログラムをデータベースに接続させる」という目的があったとする。本来ならば一から自力で処理コードを打ち込まなければならないが、昨今では多くの先人たちが面倒な処理を省ける補助ブログラムをまとめてファイル化してくれているので、それを活用するだけでOKというわけだ。

また、一部のソフトウェアや記憶装置を登録したWebサイトを「ライブラリ」と呼ぶこともある。代表例なのは、Microsoft Officeの「ドキュメントライブラリ」と言えるだろう。これはファイルのアップロードや更新、作成を他のメンバーと共有することが可能となっており、多くのビジネスシーンで活用されている。

AI用語解説:×AI編集部監修

AI用語を調べる

アイウエオ索引

アルファベット索引

AI用語事典TOPに戻る