インターフェースとは・AI関連用語集

インターフェースとは、意味や概念を詳しく解説

menu

×AI

AI用語事典

インターフェース

Interface

インターフェース(Interface)は、直訳すると「接点」という意味。異なる2つのものの仲介を表し、例えば異なる種類の機械同士、あるいはプログラム同士を結び付ける部分を示す。複数の種類があるが、主に以下の3つに分類することができる。

・ハードウェアインターフェース
ハードウェア(パソコンをはじめとした電子機器の本体)同士の通信を行うための入出力ポート(接続機)に関する規格や、信号を送受信する方法などを定めたもの。例えばコンピューターにUSB端子をはじめとした周辺機器を接続する際の仕様、と考えるとよい。

・ソフトウェアインターフェース
ソフトウェア(プログラム)同士でデータをやり取りする時、その形式を定めたもの。代表的ものに「API(Application Programming Interface)」があり、OSやWEBアプリケーション、アプリケーションソフトなどの一部を外部から呼び出して利用するための規約をいう。

・ユーザーインターフェース
コンピューターとそれを使用する人間を結び付ける役割を指す。例えば人間からの指示をコンピューターに伝えたり、コンピューターから出力された結果を人間に伝えたりするハードウェアやソフトウェアの総称である。これを通して得られる使用者の使い心地のことを「ユーザーエクスペリエンス」と言う。

近年パソコンやスマートフォンの普及により、一気に身近な存在となった「インターフェース」。IT業界はもちろん、ビジネスでは既によく使用される言葉となっているため、ぜひ覚えておきたい。

AI用語解説:×AI編集部監修

AI用語を調べる

アイウエオ索引

アルファベット索引

AI用語事典TOPに戻る