ERPとは・AI関連用語集

ERPとは、意味や概念を詳しく解説

menu

×AI

AI用語事典

ERP

イーアールピー(Enterprise Resource Planning)

ERPとは「Enterprise Resource Planning(エンタープライズ リソース プランニング)」の略で、企業資源計画とも言われる。企業の製造や物流、総務、会計、人事、販売などの基幹業務(データ)を統合し、リアルタイムで管理できるシステムを構築することでより効率のよい経営ができるようにするもの。

データ統合類似したワードに「MRP(資材所要量計画)」があるが、MRPが資源(在庫)を無駄なく有効的に活用、管理することで効率を高めようとするものなのに対し、ERPは出荷や財務など、経営に関わる全ての工程を「生産能力」として捉えているのが特徴である。また、MRPを更に発展させた「MRP2」という概念もあり、それぞれの違いは以下のとおりとされる。

・MRP……部品表と基準生産計画によって適切に在庫を管理し、生産の効率化を目指す
・MRP2……上記のMRPに加え、人材や設備といった要素も製造に必要な「資源」として管理するシステム
・ERP……受注や出荷、財務など、MRP2より更に広い範囲(社内全体)の情報管理を行い、経営の最適化を目指すシステム

つまり、MRPからMRP2、ERPの順に管理する情報量が増える、と考えれば良いだろう。生産管理の手法としてはMRPをより一般企業向けにしたものがERPとされ、日本では1990年代後半~2000年代前半にかけて話題となった。ただ、当時は海外向けの手法しか存在しなかったため、導入を試みたものの失敗した日本企業も多かったという。

しかし昨今、日本企業は再びERP導入に積極的になっている。その理由は、ひとえに「クラウドサービス」の発展だろう。社内でインフラ整備を行わなくとも、ネット環境さえあれば低コストでデータ管理が可能なクラウドサービスが豊富に販売され始めたため、今は中小企業にも徐々にERPの導入が広がっているようだ。強いて課題を挙げれば情報流出のリスクだが、ここ10年ほどのITにおける時代の変化は目覚ましく、余りあるメリットを享受できる状況にあるといえる。

AIとの親和性も高く、企業のあらゆるデータをAIで統合し、それによる最適なアウトプットに基づき、経営を回していけば、劇的な効率化も期待できるだろう。

AI用語解説:×AI編集部監修

AI用語を調べる

アイウエオ索引

アルファベット索引

AI用語事典TOPに戻る