CSSとは・AI関連用語集

CSSとは、意味や概念を詳しく解説

menu

×AI

AI用語事典

CSS

シーエスエス

CSSとは「Cascading Style Sheets(カスケーディング スタイル シート)」の略で、Webページのスタイルを指定する目的の言語を言う。CSSは基本的にHTMLと組み合わせて使用されるもので、HTMLがWebページにおける情報構造を成すためのものなのに対し、CSSはページ内のデザイン(カラーやレイアウト、装飾など)を指定するという違いがある。

自身がサイト管理者でなくとも、ブログやSNS、pixivなど何らかの媒体で自分の文章や作品をアップした経験のある人であれば、知らず知らずのうちに触れている可能性が高い。

例えばブログ記事を書く際「ここの文字だけ赤くしたいな」「ここだけサイズを変えたいな」という希望があったとする。サービスによってはドラッグ→特定のボタンを選択で簡単に叶う場合もあるが、基本的には「このコード(専門的な知識のない人には記号やアルファベット、数字などの謎の羅列にしか見えない文字列である)を埋め込んで、中に文章を入れることで出来上がりますよ」ということが多い。このコードがまさにCSSなのだ。

Webサイトの内容を公開すること自体はCSSがなくても可能だが、CSSが解除された状態になると非常に見づらく、かつデザインが差別化できなくなるため、CSSはかなり重要な骨組みと言える。検索エンジンから見つけたサイトが不具合で表示できず、渋々キャッシュを使ってページを見ようとした経験はないだろうか?そういう時、時折「多分もっと華やかなサイトのはずなのに、テキストリンクが上から順に並んでいるだけ」なんてことがある。それがCSSが解除された状態のWebページである。

CSSはHTMLと同じくコードを使って書くため、一見難しく思える。しかし、ある程度形が決まっているという意味では比較的初心者向けであり、これを覚えればWebサイトの制作が容易になるので、興味があればぜひ習得しておきたいスキルと言えるだろう。

AI用語解説:×AI編集部監修

AI用語を調べる

アイウエオ索引

アルファベット索引

AI用語事典TOPに戻る