コネクテッドインダストリーズとは・AI関連用語集

コネクテッドインダストリーズとは、意味や概念を詳しく解説

menu

×AI

AI用語事典

コネクテッドインダストリーズ

Connected Industries

コネクテッドインダストリーズとは、2017年に日本政府が発表した国家的な経済戦略のこと。IoT(モノとモノがネットワークで繋がる社会)やAI(人工知能)などを活かし、実社会のあらゆる情報や技術に革新をもたらす「第4次産業革命」に対する日本からのアプローチと言える。

CIコネクテッドインダストリーズは、以下の3つの柱から構成されている。

・人と機械、システムが対立しない、“協調”する新たなデジタル社会の実現
・協働と協力を通じた課題の解決
・デジタル技術の進展に即した人材の育成を積極的に推進しながらも、人間中心の考えを貫く

「人間とシステムを協働させる」という点では、ドイツで2011年に「インダストリー4.0」として発表された政策と共通しているが、経済産業省によればコネクテッドインダストリーには「製造業における正確なデータの蓄積」をはじめ、日本ならではの現場力や技術力といった強みを活かすビジョンがあるという。AIで出遅れた日本にとって、この部門は覇権を握れる余地があり、譲れない思いが強いだけに否が応でも力が入る。

分野ごとの課題としては「自動走行」「スマートモノづくり」「バイオ・ヘルスケア」「ロボット・ドローン」と、いずれも昨今注目されている最新技術が掲げられている。とりわけモノづくりはその地盤が大きいため、IoTやAIの導入によってどんな付加価値が生まれ、どう変革されるのかという期待も大きい。

ドイツでインダストリー4.0が発表されたさいには、製造業のIT化で先行を許せば「いつか日本が下請け的な立場になるのでは」と危惧の声も見られた。だが、あえて少し視点を変えることで日本は差別化を図ることで対抗意識をにじませている。

ネットワークはもちろん、企業と企業、人と人、そして生産者と消費者。様々な“つながり”を大切にしながら、新たな付加価値を生みだす産業社会。それが日本の目指す第4次産業革命といえるだろう。

AI用語解説:×AI編集部監修

AI用語を調べる

アイウエオ索引

アルファベット索引

AI用語事典TOPに戻る