チャットボットとは・AI関連用語集

チャットボットとは、意味や概念を詳しく解説

menu

×AI

AI用語事典

チャットボット

chatbot

チャットボットとは、ネットワークを利用してリアルタイムでコミュニケーションを行えるシステム「チャット」と、ロボットの略称である「ボット」を掛け合わせた言葉。テキストや音声を通じて会話を自動的に行うことのできるプログラムを言う。

チャットボットイメージチャットボットは人工知能に対し「人工無脳(無能)」とも呼ばれる。チャットボットもある意味人工知能のひとつと言えるのだが、大半は機械学習によりコンピューター自らが結果を知的に予測しているわけではなく、与えられたパターンやキーワードを内部のデータベースとマッチングさせることでそれらしい応答をしているに過ぎない。

なぜならばチャットボットは表層的な会話を目的としたプログラムであり、人間の思考そのものを再現しようとしたものではないからである。このため、チャットボットは人工知能の到達点である「人間らしさ」からはかけ離れた存在とされる。

始まりは計算機科学の名誉教授ジョセフ・ワイゼンバウムが1966年に発表した英語環境のチャットボット「ELIZA(イライザ)」。これを参考にしてその後様々なチャットボットが生み出され、日本でもチャットツールをはじめとしたコミュニケーションサービスにおいて大いに活用された。文字のみでの会話であればある程度意味の通ったやり取りが可能なため、最終的にはチャットボットなのか本物の人間なのか区別がつかない現象すら起こった。

チャットボットには聞き役として相槌を打ったり会話を要約してくれたりする「イライザ型」や、登録された単語を組み合わせて応答する「辞書型」、決められたシナリオに沿って対応を選択する「選択肢型」、会話ログをデータに、文脈に沿った応答をする「ログ型」など、いくつかの種類に分類することができる。

チャットボットは人工知能に比べプログラミング知識が十分でなくとも導入可能な点がメリットであり、ビジネスにおいてもカスタマーサポートや問い合わせ、F&Qなど顧客との簡単なやり取りの中で、お互いの手間を効率的に省けるのではないかと注目されている。AIを活用したチャットボットもあるが、現状ではロボット対応と人の対応を組み合わせたハイブリッド型が、有効性が高いとされる。

AI用語解説:×AI編集部監修

AI用語を調べる

アイウエオ索引

アルファベット索引

AI用語事典TOPに戻る