AI技術戦略とは・AI関連用語集

AI技術戦略とは、意味や概念を詳しく解説

menu

×AI

AI用語事典

AI技術戦略

Artificial intelligence technology strategy

2020年に先端IT人材約5万人、一般IT人材約30万人が不足する現状を踏まえ、政府が策定中のAI人材基盤の確立策。大胆な数値目標が掲げられているが、それだけ危機感が充満している裏返しで、本気度がにじみ出ている。

AI人材育成国家戦略AI時代は「基礎学力」、「課題設定力」、「コミュニケーション力」等、人間としての基礎力がより一層問われる。その前提で、中高における教育プログラムの導入を実施。これを底辺に高等教育においてIT人材を年間約15万人育成する専門知識の醸成プログラムを設置する。

さらにトップレベルの研究を通じた人材育成、若手育成等で年間200人、社会人の学び直しで年2500人、新卒者による供給年間300人、そして外国人の活用で年間500人を育成。なりふり構わない教育分野の“構造変革”で、一気に日本の教育現場のAI化シフトの基盤を構築する。

それはまさに教育自体の“デジタルトランスフォーメーション”ともいえ、中学レベルからAIを身近にし、かつての読み書きそろばんがAIリテラシーに置き換わるといっていいほど大胆かつ大きなシフトといえる。そこまでしなければ他の先進国に追いつけないほど遅れを取っている事実もあり、今後日本を取り巻くAI人材の状況も大きく変わっていきそうだ。

民間によるAI人材教育サービスも増殖しており、そうした教育機会を活用する企業も増加傾向にある。一方で、誰でも使えるAIツールの開発も進んでおり、技術によるAI人材不足の解消アプローチも活発だ。

AI人材については、専門性以上に現場力と連動したAIリテラシーを兼ね備えた人材こそがビジネス実装フェーズには必要ともいわれ、それに対応したカリキュラムも提供されている。AIが少なくとも今後10年、世界の技術スタンダードになる前提なら、現状の日本は極めて厳しい状況にある。そうした中でどう巻き返し、盛り返せるのか。まずはAI人材の育成が急務となっている。

AI用語解説:×AI編集部監修

AI用語を調べる

アイウエオ索引

アルファベット索引

AI用語事典TOPに戻る