AIスピーカーとは・AI関連用語集

AIスピーカーとは、意味や概念を詳しく解説

menu

×AI

AI用語事典

AIスピーカー

AI speaker

AIスピーカーは、対話型の操作が可能なスピーカーのこと。スマートスピーカーとも呼ばれる。内蔵されているマイクにより音声を認識し、話しかけることでパソコンやスマートフォンなどにわざわざ入力しなくとも様々なパフォーマンスができる。

aispeaker仕組みをごくシンプルに説明すると、ユーザーの音声を取り込み、処理したデータをクラウドサービスへ送信。そこからの返答を音声にしてスピーカーから発信する。入力作業がなく、音声により機器などを操作できる感覚は近未来的で、かなり利便性が高い。

AIスピーカーが活躍する場面は、主に以下の通りである。

・家電を操作できる
例えば「電気を切って」「お湯を沸かして」「カーテンを閉めて」などと特定の家電に対して命令すれば、簡単な操作を行わせることが可能。

・ニュースや音楽の再生ができる
多くのAIスピーカーはネットワークと連携しているため、例えば「今日のニュースは?」「ジャズを流して」などと命令することで、ネットニュースの内容を読み上げたり音楽配信サービスからプレイリストを自動的に選択し、再生したりすることもできる。

・ネットを検索したり商品を頼んだりできる
上記の通りネットワークと接続されているAIスピーカーは、「○○ってなに?」と尋ねれば検索エンジンで調べものもしてくれる。また、Amazonジャパンが独自開発したAIスピーカー「Amazonエコー(話題の「アレクサ」というAIアシスタントも搭載されている)」を用いれば「○○を注文して」と命令することでネット通販も可能だ。

・スケジュールやメモの管理ができる
昨今では手帳やメモ帳ではなく、クラウド上でスケジュールや覚書の管理をしている人も多いだろう。AIスピーカーはそのように登録した内容について「今日の予定は?」「明日の○○は何時から?」などと尋ねるだけで、簡単に予定の確認ができる。また「買い物リストに○○を追加」と買う予定のものを言えば、ショッピングリストにメモを行える機能も。

なお、AIスピーカーは起動させるために、「OK,Google」や「アレクサ」などウェイクワードで呼びかける必要がある。ウエイクワードは設定により変更も可能だ。

また、AIスピーカーには基本的にタブレットやスマートフォンなどのアプリ、及びWi-Fi環境が必須だ。とはいえ、その利便性の高さや昨今の普及率を考えれば、一家に1台の未来もそう遠くはないのかもしれない。

AI用語解説:×AI編集部監修

AI用語を調べる

アイウエオ索引

アルファベット索引

AI用語事典TOPに戻る