AI技術がビジネスを変えた事例【×AI(カケルAI)】

AI(人工知能)技術がビジネスを変えた導入事例をご紹介

menu

×AI

CATEGORYビジネス

AIは魔法のツールではありません。しかし、かつてインターネットが登場した時のように、サービスや流通に劇的な変化をもたらすことは間違いありません。特にビジネス領域では、導入することで「変革」を推進するポテンシャルを備えています。売り上げ予測や採用人材候補の選定、問い合わせの自動対応…など、大小さまざまな場面、あらゆる業種/業態でビジネス実装が可能であり、いかにAIをビジネスに転用できるかが問われています。

AI領域をマルチにカバーする中国系総合ITソリューション企業の強み

<ウチのAIここがウリ>Vol.7 方正は、新聞や出版などメディア産業向けの総合ITソリューションプロバイダーだ。クラウドサービスや受託システム開発、ソフトウェア・プロダクト販売など様々な事業を手掛け、昨今は、中国のグループ会社との連…

AIセキュリティソフト

いち早くAI活用した国産セキュリティソフトの実力

<ウチのAIここがウリ>Vol.6 PCをウイルスから守る対策ソフトにAI技術が応用されていることはあまり認識されていないかもしれない。ウイルス対策という言葉から想像されるのが、パターンを特定し、それを撃退するというものだからだろうか…

aibrainst

創造領域にAIを活用すると発想は飛躍するのか

AIがパターン化された業務やビッグデータの解析に長けていることはもはやいうまでもないだろう。逆にいえば、創造的な領域においては、AIが人間に劣る部分もあるということだ。とはいえ、AIによって人間の脳みそを刺激し、その創造領域を“増幅”すると…

向氏

AIで英語教育のアップデートを目指すレアジョブEdTech Labとは

人とテクノロジーそれぞれのよさを最大限に引き出し、教育の価値最大化を目指す――。2019年1月にオンライン英会話のレアジョブに発足したレアジョブEdTech Lab(以下EdTech Lab)」。テクノロジーによる英語教育の変革を目指して設…

連載:Q&AI

Vol.6

AIベンチャー社長がズバリ指南。失敗しないAI活用の勘どころ

AIを導入するには多くのデータが必要だと聞きました。本当のところはどうなのでしょうか?

AIを導入するには多くのデータが必要だと聞きました。本当のところはどうなのでしょうか?

AIベンチャー社長の中村氏が、AIビジネスを検討するビジネスパーソンの疑問や質問に回答するQ&A企画。今回は、AI導入を検討している企業の担当者から寄せられた声にズバリ回答いたします。 Q:データ量があまりないとAIを導入できないのか…

連載:AI脳の創り方

Vol.9

ビジネスパーソンのための戦略的AI活用のキモ

人工知能イメージ

AI導入が難しい、見落としがちな重要ポイントとは

AIは万能というイメージが強いのは、昨今の囲碁や将棋での実績、医療分野での目覚ましい進展などが目立つからかもしれません。確かに、AIにはそれだけのポテンシャルがあるのは事実です。しかし、課題を設定するのはあくまでも人間。AIは課題設定ができ…

AI活用で進化するOCRの使い勝手

<ウチのAIココがウリ> Vol.4 手書きや活字をデジタルカメラなどで読み取り、デジタルの文字コードに変換するOCR(光学的文字認識)市場が拡大している。業務効率化やデジタルトランスフォーメーションの観点からもニーズが増大し、201…

コールセンターに見るAI×人間の協業の理想のカタチ

人間が得意なことはAIが苦手で人間が苦手なことはAIが得意といわれている。ざっくりいえば、人間がパターン化されていない事象への対応がうまいのに対し、AIはきっちりデータが揃い、パターンが確立された事象への対応が得意ということだ。 得意×不…

マッチング精度で社風や企業文化にまで踏み込むAIの実力

<ウチのAIココがウリ> Vol.3 AIを活用した人事サービスがHRtechとして着々と浸透している。データによるマッチングが、人によるものと比べ格段に速く正確な点が、コスト面を考慮しても恩恵が多いことなどがその要因といえる。そうし…

連載:AI脳の創り方

Vol.8

ビジネスパーソンのための戦略的AI活用のキモ

なぜAIは100%正しい答えを返せないのか

計算機(コンピューター)というものは計算を間違えたりしないものです。複雑な計算であっても人間のようにミスすることなく何千万回でも計算を繰り返し100%正しい答えを返してくれます。ところがこれがAIになると一転「100%正解することはありませ…

さらに記事を表示する