AI技術がビジネスを変えた事例【×AI(カケルAI)】

AI(人工知能)技術がビジネスを変えた導入事例をご紹介

menu

×AI

CATEGORYビジネス

AIは魔法のツールではありません。しかし、かつてインターネットが登場した時のように、サービスや流通に劇的な変化をもたらすことは間違いありません。特にビジネス領域では、導入することで「変革」を推進するポテンシャルを備えています。売り上げ予測や採用人材候補の選定、問い合わせの自動対応…など、大小さまざまな場面、あらゆる業種/業態でビジネス実装が可能であり、いかにAIをビジネスに転用できるかが問われています。

AIを使うにはAIをマネジメントする能力が必要

【連載:AI脳の創り方】Vol.3 関係者への修正依頼のようなチェック作業があります。やったことがある人であれば想像がつくかも知れませんが、量だけで言えば問題のある文章というのは全体の概ね数パーセント程度しかないものです。とはいえ、こ…

AI意識調査

中小企業はなぜAI導入に及び腰なのか…

中小企業の約6割がAIに対する知識がない。(株)リアルインサイトが「日本の中小企業のAI導入状況」についてアンケート調査を実施。その結果、59%がAIの知識がないと回答した。対象は全国の中小企業506社。 中小企業のAIにかけられるコスト…

安田×藤井

非AI領域とAI化の境目にある働くの未来形とは

境目研究家が切り込む既存ビジネスとAI化のサカイメ Vol.6【最終回】 藤井薫(リクナビNEXT編集長)×境目研究家・安田佳生 境目研究家・安田氏とリクナビNEXT編集長の藤井薫氏がAI化をテーマに採用の未来を探る特別対談もいよい…

AI調査結果

ビジネスリーダーの4人3人がAIの重要性を認識

日本マイクロソフト(株)(本社:東京都港区、代表取締役社長:平野 拓也)は、マイクロソフトとIDC Asia/Pacificが共同で実施したAIに関する調査「Future Ready Business: AIによるビジネスの可能性について」…

AI導入を考える前に知っておくべきその実状

【連載:AI脳の創り方】Vol.2 <『AI』はこれまで人間がやるしかなかった業務を代わりに実施してくれるようになります> よく聞くAI導入時の紹介フレーズです。ズキッと刺さる言葉ですが、本当に今あなたがやっている業務はそんなに…

東京海上HDAI人材育成

東京海上HDがAI人材育成に専用プログラム創設

AI人材の不足が叫ばれる中、東京海上ホールディングス株式会社(取締役社長 グループCEO 永野 毅、以下「当社」)は、データサイエンティストの育成を目的として、同社グループ専用の育成プログラム「Data Science Hill Climb…

会社へのメール問い合わせをAI対応に切り替えたい

【連載:Q&AI】 AIベンチャー社長中村陽二氏が、悩める担当者にズバリ回答するビジネス相談室。 Q:会社へのメール問い合わせをAI対応に切り替えたい Q:基本的には問題ない認識だが、クレームの場合、どの程度まで自動対応が可能なの…

変化する採用戦略と採用AI化推進の必然

AI化が推進するマッチング2.0で変わる働くことの意味

<連載:逆説的AI論>境目研究家が切り込む既存ビジネスとAI化のサカイメ Vol.4 藤井薫(リクナビNEXT編集長)×境目研究家・安田佳生 境目研究家・安田氏とリクナビNEXT編集長の藤井薫氏がAI化をテーマに採用の未来を探る特別…

中古品のリサイクルをネット展開したい

【連載:Q&AI】 AIベンチャー社長中村陽二氏が、悩める担当者にズバリ回答するビジネス相談室。 Q:画像認識を導入した中古品リサイクルをネット展開したい Q:画像認識で真贋をチェックすることでコストを抑えつつ、健全な市場を構築し…

業務の自動化を検討しています

<連載:Q&AI~AIベンチャー社長がズバリ回答~> Q:AIとRPAはどう使い分ければいいのか? Q:業務の自動化を検討しています。そこでまずRPAの導入を検討していますが、AIと併せて導入すべきか、段階的でいいのかを決めかねています…

さらに記事を表示する