AI技術がビジネスを変えた事例【×AI(カケルAI)】

AI(人工知能)技術がビジネスを変えた導入事例をご紹介

menu

×AI

CATEGORYビジネス

AIは魔法のツールではありません。しかし、かつてインターネットが登場した時のように、サービスや流通に劇的な変化をもたらすことは間違いありません。特にビジネス領域では、導入することで「変革」を推進するポテンシャルを備えています。売り上げ予測や採用人材候補の選定、問い合わせの自動対応…など、大小さまざまな場面、あらゆる業種/業態でビジネス実装が可能であり、いかにAIをビジネスに転用できるかが問われています。

AIとの連携で伝達に革新をもたらすスマホIP無線の実力

<ウチのAIココがウリ>Vol.1 人間の仕事を奪うというセンセーショナルな存在として一躍注目を集めたAI。その進化は加速度を増しているが、ビジネスの現場に広く浸透するには至っていない。AIの得意/不得意分野の認識が不十分なことに加え、A…

AIプロジェクト頓挫

つまずきやすく対策が限定的なAIプロジェクトとの向き合い方

<連載:AI脳の創り方>Vol.7 やってみなければ分からないAIプロジェクト。やっかいなのは、そうなったときに取れる対策が、実はそれほど多くないことです。データ量を増やすか、データの品質を上げるか、あるいは全く新しくデータを集めるか…

AI実装

AI導入プロジェクトはどこでどう躓くのか

【連載:AI脳の創り方】Vol.6 一般的に新規にAIを導入するためには最低でも半年程度の期間と数千万程度の費用がかかると言われています。当然ながら、なかなかそんな予算や時間はとれないのでトライアルのような形でのスモールスタートから始…

MatrixFlow

非エンジニアも手軽に使えるAI構築プラットフォームの実力

AI導入のボトルネックは人材不足だ。有望人材は主要なAI開発企業へ流れ、潜在人材もAIを事業ドメインとする大小企業へ漂着していく…。そうなると全くAIに接点のない企業はとりあえず、外部委託を検討するだろう。だが、まさに手探り状態でしかも決し…

AIチャットボット

まだ“未熟”なAIチャットボットを有効活用する勘所

【連載:AI脳の創り方】Vol.5 人に代わって消費者の質問などに回答してくれるAIチャットボットサービス。導入の手軽さやその利便性から普及が拡大していますが、“会話”の進化はあまり見られません。研究も進むAIチャットボットサービスが…

ビッグサイト青海展示棟

いよいよAIリテラシー必須の時代へ

AIリテラシー必須の時代へ。ディープラーニング・画像・音声認識などの最先端が集う人工知能の専門展「第3回AI・人工知能EXPO」(2019年4月3日〜5日)が都内で開催された。 日本最大のAI展示会に見られた変化 急速に浸透するAIの日…

安田氏と小阪氏

商売のAI化の先にある同質化という副作用

<逆説的AI論> 境目研究家・安田×ワクワクマーケティング・小阪裕司氏 Vol.3 AI全盛時代。あえて非AI的アプローチで本質へ突き進めば、どこまでがAI化の領域か見えてこないか。そうした観点から境目研究家・安田氏が、各業界の専門…

AIチャットボット

AIチャットボットは企業の窓口としてどこまで使えるのか

【連載:AI脳の創り方】Vol.4 スマートフォンの普及などもあり、若い人達を中心にチャットを利用することの抵抗感が少なくなってきています。抵抗感が少ないどころか電話よりもチャットのほうが気楽だと、電話の方が敬遠されることがあるほどで…

IoT

グノシーがAI活用した“情報研究所”を開設

次はオフライン領域へ。(株)Gunosy(本社:東京都港区、代表取締役 CEO:竹谷祐哉)が、2019 年 3 月 15日付で、同社内に「Gunosy Tech Lab(グノシー テック ラボ)」を設立したことを発表。同ラボを拠点に、同社は…

安田氏と小阪氏(左)

AI楽観論に潜む意外な盲点

<連載:逆説的AI論> 小阪裕司(ワクワク系マーケティング)×境目研究家・安田佳生 Vol.1 AI脅威論が叫ばれる一方で楽観論もある。しょせんは機械であり、単調作業や効率アップは得意でも“人間らしさ”に及ばないという自負がどこかに…

さらに記事を表示する