AIと共生し豊かな社会を創る情報マガジン ×AI(カケルAI)

AI(人工知能)と豊かな社会を創るヒントとなる情報をお届け

menu

×AI

非エンジニアも手軽に使えるAI構築プラットフォームの実力

2019.04.11

非エンジニアも手軽に使えるAI構築プラットフォームの実力

ビジネス
AI採用導入の完全否定派15.3%は多いのか…

2019.03.25

AI採用導入の完全否定派15.3%は多いのか…

ライフスタイル
グノシーがAI活用した“情報研究所”を開設

2019.03.15

グノシーがAI活用した“情報研究所”を開設

ビジネス

LATEST ENTRIES

AIとの連携で伝達に革新をもたらすスマホIP無線の実力

<ウチのAIココがウリ>Vol.1 人間の仕事を奪うというセンセーショナルな存在として一躍注目を集めたAI。その進化は加速度を増しているが、ビジネスの現場に広く浸透するには至っていない。AIの得意/不得意分野の認識が不十分なことに加え、A…

ヒモトレをする安田氏

【編集後記拡大版】 AIは人間になれず、人間はAIにあらず…

対談後の“実践編”では理解不能な出来事が連発 身体の動きを研究する甲野氏と境目研究家・安田氏の対談。この対談企画は毎回、シナリオなしの一発勝負だが今回、私は時に理解不能で複雑な動きや反応をする人間を甲野氏がどう解釈し、AIに取り込む場合、…

AIプロジェクト頓挫

つまずきやすく対策が限定的なAIプロジェクトとの向き合い方

<連載:AI脳の創り方>Vol.7 やってみなければ分からないAIプロジェクト。やっかいなのは、そうなったときに取れる対策が、実はそれほど多くないことです。データ量を増やすか、データの品質を上げるか、あるいは全く新しくデータを集めるか…

甲野氏

複雑すぎる人間の構造にAIはどこまで近づけるのか

<連載:逆説的AI論> 甲野善紀(武術研究者)×境目研究家・安田佳生 Vol.4 脳の支配を飛び越え行動のスイッチを入れる本能。生誕時から組み込まれた生物としての防御機能といっていいかもしれない。あるきっかけで、身に覚えのないほどに…

AI医療機器ベンチャーのアイリスが描く医療現場の未来

AI医療機器ベンチャーのアイリス(株)(本社:東京都千代田区、代表取締役:沖山翔)がさきごろ、塩野義製薬、Beyond Next Ventures2号投資事業有限責任組合を引受先とする、12.5億円の第三者割当増資を行った。すでに実施してい…

甲野氏

AIが脅威になるほど人が人であることを考えるきっかけになる

<連載:逆説的AI論> 甲野善紀(武術研究者)×境目研究家・安田佳生 Vol.3 境目研究家・安田氏×武術研究者・甲野氏の対談は3回目となり、テーマはいよいよAIにおよぶ。AIにより人間の仕事が奪われるという論調もある中で、甲野…

AI実装

AI導入プロジェクトはどこでどう躓くのか

【連載:AI脳の創り方】Vol.6 一般的に新規にAIを導入するためには最低でも半年程度の期間と数千万程度の費用がかかると言われています。当然ながら、なかなかそんな予算や時間はとれないのでトライアルのような形でのスモールスタートから始…

安田-甲野

サルが進化して人間になったのは本当なのか

<連載:逆説的AI論> 甲野善紀(武術研究者)×境目研究家・安田佳生 Vol.2 武術研究者・甲野氏と境目研究家・安田氏の対談は、2回目に突入。話は宇宙論まで飛び出す異次元の展開をみせながら、人間の祖先ともいわれるサルと人間の関係に…

tellbo

後期高齢者に特化したコミュニケーションロボットの可能性

ロボット開発で重要なのは技術的視点なのはいうまでもない。だが、社会に広く浸透し、課題解決を担うこともミッションとすれば、使いやすさが最重要項目となる。変なホテルでロボット事業へ参入したハウステンボスが2019年5月31日に販売するコミュニケ…

MatrixFlow

非エンジニアも手軽に使えるAI構築プラットフォームの実力

AI導入のボトルネックは人材不足だ。有望人材は主要なAI開発企業へ流れ、潜在人材もAIを事業ドメインとする大小企業へ漂着していく…。そうなると全くAIに接点のない企業はとりあえず、外部委託を検討するだろう。だが、まさに手探り状態でしかも決し…

さらに記事を表示する