AIと共生し豊かな社会を創る情報マガジン ×AI(カケルAI)

AI(人工知能)と豊かな社会を創るヒントとなる情報をお届け

menu

×AI

チャットボットを導入し、数ヶ月で使わなくなる企業と毎月工数や人件費削減ができている企業とでは、どのような違いがありますか?

2019.10.23

チャットボットを導入し、数ヶ月で使わなくなる企業と毎月工数や人件費削減ができている企業とでは、どのような違いがありますか?

ビジネス
「AIでVOC分析」を実現するうえで解決すべき課題

2019.10.03

「AIでVOC分析」を実現するうえで解決すべき課題

ビジネス
AIがつくったこの世に存在しない人物素材の実用度

2019.05.24

AIがつくったこの世に存在しない人物素材の実用度

ライフスタイル

LATEST ENTRIES

連載:Q&AI

Vol.8

AIベンチャー社長がズバリ指南。失敗しないAI活用の勘どころ

チャットボットを導入し、数ヶ月で使わなくなる企業と毎月工数や人件費削減ができている企業とでは、どのような違いがありますか?

チャットボットを導入し、数ヶ月で使わなくなる企業と毎月工数や人件費削減ができている企業とでは、どのような違いがありますか?

AIベンチャー社長の中村氏が、AIビジネスを検討するビジネスパーソンの疑問や質問に回答するQ&A企画。今回はAI導入を検討する企業の代表から寄せられた声にズバリ回答いたします。 Q:チャットボットを導入し、数ヶ月で使わなくなってしまう企業…

連載:AI脳の創り方

Vol.13

ビジネスパーソンのための戦略的AI活用のキモ

「AIでVOC分析」を実現するうえで解決すべき課題

「AIでVOC分析」を実現するうえで解決すべき課題

前回の記事で「コンタクトセンターの通話履歴からVOC(Voice of Customer:顧客の声)の分析をするには、現状の音声認識技術はまだまだ不十分」というお話をいたしました。今回はその続きとして、AIでのVOC分析の限界、というか現状…

連載:AI脳の創り方

Vol.12

ビジネスパーソンのための戦略的AI活用のキモ

VOC(顧客の声)を音声認識+AIで掘り起こせるか

VOC(顧客の声)を音声認識+AIで掘り起こせるか

私が業務として携わる技術研究・開発の一環として、コンタクトセンターにおけるVOC(Voice of Customer:顧客の声)の分析プロセスにAI導入を図るという課題があります。 コンタクトセンターはご存知のように「企業が提供する製品や…

連載:Q&AI

Vol.7

AIベンチャー社長がズバリ指南。失敗しないAI活用の勘どころ

経営者からAI導入を命じられた……。何から手をつければ良いでしょうか?

経営者からAI導入を命じられた……。何から手をつければ良いでしょうか?

AIベンチャー社長の中村氏が、AIビジネスを検討するビジネスパーソンの疑問や質問に回答するQ&A企画。今回はEC事業を展開する企業の担当者から寄せられた声にズバリ回答いたします。 Q:経営者からEC事業のコスト削減のため、AI導入を検…

連載:AI脳の創り方

Vol.11

ビジネスパーソンのための戦略的AI活用のキモ

AIが完璧でないことを甘くみることで被る代償とは

AIが完璧でないことを甘くみることで被る代償とは

AIの導入検討時にはどれだけエラー(本来は問題なしなのに問題ありと判定してしまう事例)が含まれるのかは検証されているはずです。ただし、実運用が始まれば、そのデータは取れなくなってしまいます。従って、AIが検討時と同じ精度で判定をし続けてくれ…

サイサーチ

高速で高精度な回答の検索を実現するAI搭載のFAQ検索エンジン

<ウチのAIココがウリ> Vol.11 顧客対応ツールはテクノロジーの進化と比例しながら機能性が向上し、その選択肢も豊富になっている。昨今は、チャットボットが電話によるオペレーター対応に並ぶ勢いで普及が加速。有人とそん色ないレベルの顧客対…

AI活用で生産ラインの生産性向上や最適化などの改善をサポート

<ウチのAIここがウリ>Vol.10 NECソリューションイノベータが提供する「NEC AI・画像活用見える化サービス」は、画像解析とAIの活用により対象物がどこにどれだけあるのかを、人の目に代わってリアルタイムに検出、判別、カウントでき…

連載:逆説的AI論

Vol.4

向井蘭(労働法に強い弁護士)×境目研究家・安田佳生

向井氏×安田氏

インフレに耐えられる企業だけが生き残れる時代へ

境目研究家の安田佳生氏と労働法に強い弁護士・向井蘭氏もいよいよ最終回。労働法が専門の弁護士相手とあって、最後も中小企業のこれから、そして日本経済の行く末についての話題が中心となった。そこからみえてきた日本経済のすぐそこにある未来とは…。 …

連載:逆説的AI論

Vol.3

向井蘭(労働法に強い弁護士)×境目研究家・安田佳生

向井-安田氏

中国がAIで日本をリードする決定的な理由とは

境目研究家の安田佳生氏と労働法に強い弁護士・向井蘭氏の対談3回目は、中国でも仕事をする向井氏の中国事情に話が発展。AIで日本を大きくリードする中国が、なぜそれができるのか。その一端が垣間見える興味深いトピックが盛りだくさんとなった。 労働…

Web上のワインショップに常駐するAIソムリエの実力

<ウチのAIここがウリ>Vol.9 AI活用事例で、人間に代わって商品やサービスをレコメンドする機能はもはやすっかりお馴染だ。きめの細かさや奥深さはデータ量に左右されるが、しっかりと準備が整っていればむしろ、人間以上におもてなしが上手…

さらに記事を表示する